読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

月下の棋士2巻第14手「奇襲」(能條純一)感想&あらすじ・刈田から氷室に「記録係」をする様に言われるものですが…ネタバレ注意。 #マンガ

ビッグコミックス 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

両者の元に駆けつけた氷室でもあるのですがこの後に続く展開には緊張感が漂うばかりでもあるのです。

面白いところ。

刈田から氷室に「記録係」をする様に言われるものですが、この後の展開に関してはなかなか面白味があるのではないかと感じるばかりでもあるものです。

好きなところ。

対局を見守る中で記者達はいろんな推測が出てくるものです。一部始終を知らない事で何かが始まる期待感があるのではないかと思うものでした。

好きなキャラ。

氷室将介、大原巌、刈田升三

好きなエピソード。

記録係を受けた氷室でもあるのですがこの後の展開に関してはなかなか良い実力にも感じるばかりでもある様にも思えるものです。

おすすめ。

師匠でもある虎丸が刈田に事情説明するのです。一部始終を聞いている事である程度は理解されている様な感覚にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

すっかりペースを乱されてしまった大原でもあるのですが、ここからどの様な形で進行していくのかが期待感を持てるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

刈田の優しさが垣間見えるのではないかと感じる話でもあるのです。この内容を拝見した時には分かる人には納得されている様にも感じるものです。

その他。

すっかりケンカ腰になっている氷室でもあるのですが大原の実力を目の前にして通用するかがカギにもなってくるものです。