読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

月下の棋士2巻第13手「大原と刈田」(能條純一)感想&あらすじ・氷室は両者を知らないままいつも通りに過ごそうとする展開…ネタバレ注意。 #マンガ

ビッグコミックス 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

特別対局が始まる前にそれぞれが意気込みを語るのですが極端な両者でもある様にも感じるものです。

面白いところ。

氷室は両者を知らないままいつも通りに過ごそうとする展開にもなってくるものですが刈田との出会いで展開が変わってくるものでした。

好きなところ。

刈田の人物は「おとぼけ」がメインにもなってくるかと思いきや場面によっては真面目な感じになったりとなかなか良い人物ではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

氷室将介、大原巌、刈田升三

好きなエピソード。

この対局が始まる前にいろんな形で展開が進行するものですがなかなかハラハラするのではないかと感じるばかりでもあるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

大原にすれば氷室はかなり嫌いなタイプでもある様な感覚にもなってくるものですがこの後にはどの様になってくるかが見物でもあるものです。

作品に関する思い出。

将棋に関しては「性格」がかなり出てくるのではないかと思うものです。ですが、大原のパフォーマンスに関しては「曲者」と思う様な感覚にもなるのです。

作者に関して。

表情に関してはかなりリアルになってくるものではないかと思うのでした。読者にしても重点が分かるものです。

その他。

氷室は将棋に関しては圧倒的な強さを誇るのですが逆に「話術」に関しては弱いのもある意味納得出来るのではないかと感じるものです。