読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

月下の棋士2巻第12手「睨み」(能條純一)感想&あらすじ・滝川名人が師匠の元に報告しに行くものです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

滝川名人が師匠の元に報告しに行くものです。ですがどこか浮かない表情しているのには訳がある様にも感じるものです。

面白いところ。

移動している車中でも不愛想にしている名人は一見嫌な感覚にもなってくるものですが逆にあまり知られたくないイメージが強く出るものではないかと感じるものです。

好きなところ。

師匠から「褒められたい」と言う気持ちが伝わる様な感覚にもなってくるものですが逆に叱責にも近いのは意外な感覚にもなってくるものでした。

好きなキャラ。

氷室将介、大原巌

好きなエピソード。

滝川の師匠に関しては見方を変えるとなると「怖い」と言う観点にもなってくるものですが「勝負師」としては圧巻する人材ではないかと感じるばかりでもあるものです。

おすすめ。

氷室は圧倒的な強さで連勝を重ねていくのですが、大原の圧倒的な「力」を目の前にして立ちふさがろうとするのは今後に期待するものです。

作品に関する思い出。

この話しでは「滝川名人」「氷室」とそれぞれにもよって展開は異なるものですがどちらも将来がある棋士である事でワクワクする様な展開にも感じられるものです。

作者に関して。

棋士についてはかなり特殊でもあるのですが「人生」を掛けるにも納得出来る舞台ではないかと感じるものです。

その他。

大原のこの気持ちに関してはかなり嫌気が指すものです。それにこの作品においてテレビで見ていた時にも同じ感覚にもなってくるものでした。