読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

月下の棋士2巻第11手「必至」(能條純一)感想&あらすじ・氷室は村森との対決しているのですがこの展開には…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

氷室は村森との対決しているのですがこの展開にはどの様になってくるかがカギにもなってくるものです。

面白いところ。

周囲は氷室が負けていると騒ぐものですがこのまま本当に負けているのかが見物です。

好きなところ。

対局中に大原名人が奨励会館に来る事で雰囲気がかなり変わってくるものですが孤軍奮闘にもなってくる氷室には関係ないのが良いものです。

好きなキャラ。

氷室将介、大原巌

好きなエピソード。

圧巻の中で勝ちに行く氷室でもあるのですが周囲はかなりマイナスの印象にもなってくるのです。ですが、個人的には羨ましいものです。

おすすめ。

氷室の強さはどこからくるのかが謎にもなってくるものではないかと思うのです。しかし、話を見て行く内に期待感を持てるものではないかと思います。

作品に関する思い出。

ですが、将棋についてはイメージにもあまり湧かない方も多いのではないかと感じるものですが知っている方においては独自の世界観が持てるものではないかと思うのです。

作者に関して。

奨励会館においてはなかなか知らない方も多いのではないかと感じるものです。ですが、この作品については関心を持つ方にも多くなってくるのではないかと感じるものです。

その他。

御神三吉の推薦状を持参した事で奨励会館内では騒ぐ事にもなってくるものですが気にしない強さにも感銘を受けるものです。