読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ああっ女神さまっ全48巻(藤島康介)感想&あらすじ・最終巻と最初の巻では全く違う絵柄で全巻通して読むと…ネタバレ注意。 #マンガ

アフタヌーン 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

感想

主人公の大学生森里螢一はある日出前の電話と間違えて「お助け女神事務所」に電話してしまいます。すると鏡の中からなんとも美しい姿の女神、ヴェルダンディーが現れます。お願い事をなんでも一つ叶えてあげるといわれた螢一は「君の様な女神に、ずっとそばにいてほしい」と願います。

その願いは受理されて、女人禁制の男子寮から追い出されてしまいます。この作品、小学生の時にCAチャンネルで見てから大好きでした。原作ではあまりベルダンディーの衣装は派手ではないですがアニメ版での青と白の美しいコントラストが素敵で、女神という設定なのですごく物腰柔らかな彼女に憧れていました。成人してから初めてゲームをしたのが「テイルズ」シリーズだったのですが、その作品の中でテイルズオブシンフォニアのキャラクターデザインを手がけていて、まったく気がつかなかったのですが両方の女の子のイラストが大好きだったので同一人物と知って感動しました。長編だとは知っていたのですがまさか48巻まで続いているとは思わずびっくりしました。従兄弟が全巻持っていたので通して読んでみましたが3日かかりました。25年も続いていたそうで、今年で完結したのもすごいです。とっくに完結していると思っていたのでやっぱり最終巻と最初の巻では全く違う絵柄で全巻通して読むとなかなか味わいがありました。