読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

鬼灯の冷徹8話/感想&あらすじ・白澤様の声を担当している声優さんが遊佐浩二さんなのは知っており…ネタバレ注意。 #アニメ

アニメ モーニング
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

鬼灯の冷徹 八話 8月27日 1:00~1:30放送

八話にして初視聴である。原作を友人に勧められ試しにと読んでみたところ作者のブラックユーモア溢れる世界観に惹きこまれ是非ともアニメを視聴したいと切望するまでになってしまった。しかしアニメの放送はかなり前に終わってしまっている、、、。そこで辿り着いたのが再放送である。しかし放送は深夜。諦めるべきか否か、迷ったがとりあえず視聴してみることにした。

先ず、感想の一つ目は鬼灯様の声が想像異常に低かったことだ。これまでも視聴している方からすれば今更なのであろうが私は正直驚いた。白澤様の声を担当している声優さんが遊佐浩二さんなのは知っており、鬼灯様もそのくらいの声の高さだと勝手に考えていた。実際の鬼灯様担当の声優さんは安元洋貴さんという方で、私は知らなかったがこの声優さんの声は好きだな、と思った。はじめは違和感のあった鬼灯様の声も視聴するうちにとても自然に感じる、素敵な声だった。
次に、作品内でピーチ・マキちゃんが歌っている「キャラメル桃ジャム120%」という曲についてだ。マキちゃんが「どーなんだろ、これ、、、」というように、まさに「どーなんだろ、これ、、、」というような曲だった。だが中毒性は素晴らしく、私はアニメ視聴後思わずFullバージョンを探して聞いてしまった程だった。今ではすっかり口ずさめる程である。
初視聴の鬼灯の冷徹は、とんでもない良作アニメだった。時間に余裕のある方は、是非一度ご覧になって欲しい。