読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

金木研(カネキケン/東京喰種)の感想・今まで普通に接してきた人間が食べ物に見える苦しみに耐えながら…(好きなキャラクター:ネタバレ注意)。 #漫画

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

金木研(カネキ ケン/東京喰種)

私が好きなキャラクターは東京喰種の「金木研」というキャラクターです。彼はある事故に巻き込まれ半分は人間、半分は喰種(人間を食料とする肉食の亜種)になってしまいます。突然喰種になっていしまい、今まで普通に接してきた人間が食べ物に見える苦しみに耐えながら他の人間との共存を望む喰種達と力を合わせ、どうすれば世界が変わるのか模索していきます。

彼は最初優しくも臆病な人でした。ですが、ある敵に追い詰められ仲間を殺されてしまったことで「大切な人を守るためには容赦しない」そういう考え方に変わってしまいました。仲間が傷つけば自分のせい、もっと強くならなければ守れないと全てを背負い自分を追いつめていきます。そんな姿が痛々しく、大事な人たちのため我武者羅になる彼がとても愛おしく感じました。無理はしてほしくないと思いつつもどんどん強くなり敵を薙ぎ払っていく彼にも惹きつけられます。このアンバランスな彼のことを、これからも見守り応援し続けていきたいと思います。