読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

帯をギュッとね!ワイド版10巻その15「保奈美さんち」(河合克敏)感想&あらすじ・赤点は何とかクリアされた事で練習に打ち込む…ネタバレ注意。

少年マンガ 少年サンデー
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

赤点は何とかクリアされた事で練習に打ち込む事が出来る展開にもなって来るものです。

面白いところ。

物語はなかなか笑いが満載にもなって来る展開にもなってくるものです。この話では学生の本分も忘れない様に感じるものです。

好きなところ。

この展開はなかなか笑って来るような内容にもなってくるのです。果たして赤点はクリアする事が出来るのかがカギにもなってくるのです。

好きなキャラ。

粉川巧、近藤保奈美、斎藤浩司、海老塚桜子

好きなエピソード。

勉強の課題をクリアした巧は下心満載にもなってくるのです。果たして「ご褒美」は貰えるかがカギにもなってくる。

おすすめ。

勉強にも保奈美がつきっきりで行うものですがここでの展開はなかなか笑ってくるものです。この展開は「あめとムチ」の様にもなってくるのです。

作品に関する思い出。

久しぶりに保奈美さんの家に来た巧でもあるのですが、母親がいそいそと騒がしい展開にもなってくるものです。この展開はどの様になって来るのかがカギにもなってくるものです。

作者に関して。

保奈美から赤点についての話を聞いた巧は冷静になってしまうものです。ここで勉強をしなければならない事を感じるものです。

その他。

期末テストの時期には必ずそれぞれの展開があるようにもなってくるのです。ここでも柔道の事ばかりに頭が一杯の巧はどうするのかが見物でもある。