読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

医龍(TeamMedicalDragon)ワイド版4巻第61幕「選挙改革委員会」感想&あらすじ・院内政治などには興味がなさそうにも思える朝田が…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 乃木坂太郎[原案]永井明

一言感想

「選挙のルールを変えれば良い」と朝田は告知するものです。

面白いところ。

院内政治などには興味がなさそうにも思える朝田が意外な発言をする事には驚くものです。

好きなところ。

朝田はどこまで知っているのだろうとつくづく感じるものですが選挙まで変えようとするのはなかなか出来ない事です。この考えには度肝を抜かすのです。

好きなキャラ。

朝田龍太郎、藤吉圭介、加藤昌

好きなエピソード。

時期教授として軍司が来るのですが、藤吉や加藤はすっかり落ち込んでいる様にも感じるものですが逆に朝田は燃えているのは何故だろうと感じるものです。

おすすめ。

完全内臓逆位の患児が今回のオペの対象でもあるのですが、このイメージをするまでが結構大変にも思えるものです。なかなか知りえない状況でもあるので貴重にもなるものです。

作品に関する思い出。

加藤が朝田に軍司の事を挑発する事は辞める様に言うのですがその表情をした時の朝田は何とも言えない冷たい顔をするのは寒気をするものです。

作者に関して。

加藤は何もかも嫌気を指す事で全てを投げてしまいそうにもなっているのです。この気持ちを知った朝田は加藤に意外な形でアドバイスをするものです。

その他。

選挙を改革する事を朝田は加藤に告げるのですが加藤自身も違和感を感じているのですが、それしかない事で望みを繋げて行くしかないと決意をするものです。