読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

医龍(TeamMedicalDragon)ワイド版4巻第54幕「触診」感想&あらすじ・伊集院の少しづつ成長していく経過が…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 乃木坂太郎[原案]永井明

一言感想

手術が開始となるのですが、伊集院の少しづつ成長していく経過が分かってくる。

面白いところ。

手術前に朝田、加藤がそれぞれの話をする場面にもなってくるのですがチームメンバーのそれぞれにある意味覚悟を問いただす事にも繋がってくるものです。

好きなところ。

加藤では分からなかった変性部位に関しては伊集院は何となく分かって来る様にもなっているのは成長するものです。やはり現場は数を熟す事でしか分からないものです。

好きなキャラ。

朝田龍太郎、加藤昌、伊集院登、荒瀬門司、藤吉圭介

好きなエピソード。

この手術には必ず荒瀬の数を数えるシーンは印象が残るものです。麻酔の数を数える事に関しては「にゃにゃ~つ」と言うのが笑ってしまうものです。

おすすめ。

加藤は自身の事よりも他のメンバーの事を考えてしまう事ですっかりと気持ちがめげてしまうのです。この気持ちの変化においては分からなくもあるのです。

作品に関する思い出。

麻酔導入からいよいよオペの開始にもなってくるのです。その間にも周囲の偉い方々は見守ってくるものです。

作者に関して。

伊集院の成長を感じる事が出来る事にもなった加藤はこれからどの様にしていくのかを考えるものです。

その他。

研修医として成長が出来ないでいる伊集院でもあるのですがこの成長している姿に関しては医療に関わっている者としては納得出来るものです。