読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

医龍(TeamMedicalDragon)ワイド版4巻第48幕「Near DOA」感想&あらすじ・伊集院は病院に到着した時には「DOA」を告げ…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 乃木坂太郎[原案]永井明

一言感想

無事に病院に到着するが果たして患者さんは無事に助ける事が出来るのか!

面白いところ。

伊集院は病院に到着した時には「DOA」を告げるものですが、朝田は勝手に決める事を許そうとはしないのです。まだ助かる命がある事で諦めないものです。

好きなところ。

この諦めない気持ちがある限り患者さんは必ず生還する事にも繋がってくるのではないかとも思います。救命にも朝田みたいな医師がいると患者さんの家族からすれば救われるのではないかとも思います。

好きなキャラ。

朝田龍太郎、鬼頭先生、荒瀬門次郎

好きなエピソード。

伊集院と荒瀬は朝田から手術室に入らなくても良い事を告げられるものですが待合室で伊集院から「手術に行くように」説得される場面。

おすすめ。

ここで初めて荒瀬と朝田のコンビが結束される事にもなったのですがこの道のりが長くかかったものであると感じるものです。

作品に関する思い出。

朝田はようやく待ち焦がれていた状態でもあるので内心ワクワクするのではないかとも感じるものではないかとも思いました。

作者に関して。

この手術に関しては荒瀬は入らないものであると感じていたのですが見学から加入する事になるのは意外にも感じるものです。

その他。

朝田はこの手術においては迷う事が無く実際に行われている事に鬼頭は嫉妬するものですが医師ならではの考え方にも繋がってくるのではないかとも思います。