読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

青空エール1巻(河原和音)感想&あらすじ・「吹奏楽部」の名門校でもあるのですが、そこで友達や新たな目標が…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

高校生活の始まり

面白いところ。

憧れで入学した所は「吹奏楽部」の名門校でもあるのですが、そこで友達や新たな目標が出来る所でもある所。

好きなところ。

主人公は「吹奏楽」憧れは「野球部」でそれぞれに頑張っている姿をイメージ出来ている所はなかなか見応えがあるのではないかとも思います。

好きなキャラ。

小野つばさ、山田大介

好きなエピソード。

この巻数では「目標」に関する事で一歩を踏み出そうとする勇気が試されるのではないかとも思うのですが、励まされる事で何とか頑張られるものです。

おすすめ。

「友情」「目標」と人それぞれ違いはあるようにも思われますが、私はこれに関してはそれぞれに邁進していても良いのではないかとも思うのです。

作品に関する思い出。

高校生活に関しては忘れかけた部分もあるので、久しぶりのワクワク感が持てるようにもなるのです。それに、所々「恋心」みたいなトキメキがあるのも良いのではないかとも思うのです。

作者に関して。

華やかな高校生活の幕開けされたと思いきや波乱にもなるかとドキドキ感があって良いのではないかとも思うのです。これからの展開が良いものでもあるのではないかとも思います。

その他。

私は「吹奏楽」などには関心はなかったのですが、この巻数を読む事で興味が持てるようにもなるものでした。今後、それぞれの展開に期待が持てるのではないかとも思います。