読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

主に泣いてます1巻(東村アキコ)感想&あらすじ・美人すぎてバイトすらできない主人公の紺野泉、面接先では即採用され職場のトラブルになったり…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 美人すぎる子泣き爺コスプレは圧巻!

面白いところ。

美人すぎてバイトすらできない主人公の紺野泉(こんの いずみ)、なぜなら面接先では即採用され職場のトラブルになったり面接官に個人的な交際を申し込まれる事など数えたらきりがない。美人すぎる泉を巡って職場の男性同士がトラブルになり、ストーキングもしょっちゅう。なので彼女は今日もバイトを探す日々。そんな彼女ですが、普段は画家、青山仁の愛人兼モデルとして「Iの肖像シリーズ」のモデルを勤めています。仁さんからのモデル代は貰えないけれど、でも良いの!大好きな仁さんと結婚したい…。それだけが彼女の夢なんです。赤貧の幸薄い美女、紺野泉の恋愛ギャグコメディ。

好きなキャラ。

つねちゃん。なぜか自分の事をオレと呼ぶ美大受験を目指す女子中学生。アトリエの生徒さんであり、泉さんの良き友人として活躍する彼女。コスプレ衣装の制作力はとっても凄いです。

好きなエピソード。

向島での伝説「血の三日間」今も語り継がれる泉さんの元職場での惨劇です。彼女が魅力的すぎるあまりに起きてしまった事件、凄すぎます。

作品に関する思い出。

ずっとタイトルしか知らずにシリアス作品だと思い込んでいました。初めて1巻の表紙を見た時の不条理感は忘れられません。

おすすめ。

色々な他の漫画作品のネタが随所に散りばめられていて、元ネタを知っているとたまりません。知らなくてもギャグのテンションと泉さんの謙虚さのギャップがたまりません。

作者に関して。

作者ブログでは「実写版こももちゃん」との2ショットも拝見できます、とても似ていて驚きでした。