読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

月下の君(嶋木あこ)感想&あらすじ・千年の時を経て、新らしい「源氏物語」…ネタバレ注意。

少年マンガ フラワーコミックス
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

千年の時を経て。。。というキャッチフレーズがとても似合う。絵もきれいだし。時を越えてというところが描かれた、新らしい「源氏物語」。

好きなキャラ。

光と葉月。似て似つかない二人?一人なのかな?前世?でも、ほんとは一緒なのかも。一人の人を愛し続けたし。普段、女性に触れると手が震えてしまう葉月は、告白はされるものの、女は嫌いだとずっと言ってきた。手を繋いで仲よくしているカップルをみてうらやましがるほどだ。でも、触れても大丈夫な人もいることが判明。それはどういうことなのか。真相が気になるところだ。

おすすめ。

光の元服前、藤壺という女御に会い、母親に生き写しの彼女に母親になってほしいと頼むが、年齢も近いのにと断られる。

そのあと、ずっと嫌われたら嫌だという思いから、行動できずにいた。しかし、どうしても会いたいとの思いで、入り込んだとき「妹になる」と宣言。その途端、疲れが出てしまい、倒れてしまう。気づくと藤壺が泣いていた。びっくりさせないでと、妹なんだから、と。。

その他。

以前の記憶と混在しているのか、はたまた以前の自分と混在しているのかがよくわからず、とても1巻ではハラハライライラしてしまった。翻弄されっぱなしで、早くはっきりしたことを教えろーと祈ってしまった。