読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

蒼天航路(そうてんこうろ)感想&あらすじ・三国志漫画の定番の劉備・蜀から曹操が主人公の…ネタバレ注意。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

蒼天航路(そうてんこうろ)

三国志漫画の定番の劉備・蜀から曹操が主人公の漫画として脚光を集めた。曹操絶対主義というスタイルは、漫画の主人公のキャラ設定にマッチしていて安心感がある。

そういう意味でも、今作品のもっとも特徴的なシーンはやはり赤壁であろう。

まだ形をなしていない蜀と脆弱な呉による連合軍が赤壁で破竹の勢いの魏軍と対峙した時に、三国志演義のストーリーのまま大敗するシーンをまざまざと書き連ねるのかと思いきや、見開きシーンで数行の回想描写のみで終わらせてしまったあたりが、この蒼天航路の曹操絶対主義を如実に物語っていると言える。

赤壁は曹操にとって非常に手痛い歴史となるが、本作品で私自身が一番好きなシーンは、定軍山の戦いでカコウエン将軍が打ち取られるシーンである。曹操の旗揚げ当時からのいわゆる右腕的な存在であるカコウエンの散り際の回想シーンが叙述的に力強く描かれていて、曹操絶対主義の背景からのギャップを感じてもっとも感動的なシーンである。