読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

サルチネス4(最終)巻(古谷実)感想&あらすじ・愛ちゃんに、「自分の幸せを…」と言われたのに、結局…ネタバレ注意。

青年マンガ ヤングマガジン
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

どこまでも正直で、最後まで悩みに悩むタケヒコに、ちょっとほろり。

面白いところ。

前巻で愛ちゃんに、「自分の幸せを…」と言われたのに、結局「愛ちゃん中心」の考え方は変わらないタケヒコ。自分のために幸せを探すなんてことを今まで一度も考えた事がなかったタケヒコは、混乱し、愛ちゃんの働いている小学校に出向いては、愛ちゃんに恥をかかせてしまいます。ですがタケヒコの行動がこれまでになく単純で、馬鹿で可愛く見えてしまうんですよね。。不思議です。

好きなキャラ。

愛ちゃん。この方は本当に出来た子です。「こんなお兄ちゃんだけど、嫌いになりたくない!」と、必死になります。「私を理由に使わないで!」と、初めてタケヒコにきちんと「怒り」ますが、もちろんこれもタケヒコの為でした。愛ちゃんには幸せになって欲しいと願うタケヒコの気持ちも分かりますね。。

好きなエピソード。

自分の幸せなんてどうしたらいいか分からない…と、トモ子のところにタケヒコが相談しにくるシーン。トモ子に心を開き始めた証拠だし、なんだか微笑ましかったです。トモ子も、タケヒコに少しずつ、惹かれている…?

好きなところ。

タケヒコの笑顔が沢山見れる巻です(笑)。というのも、笑える状況にある時に笑わないのは臆病者だ、というタケヒコの信念のもとになのですが…とりあえずタケヒコの笑い方が面白くて、思わずつられてしまいます。車の中で愛ちゃんと泣きながら笑い合うところなんかも、素敵です。
あとは、ラストシーンが素敵。タケヒコの夢は結局変わらないけど、タケヒコは少しずつ変わっているんですよね。とても爽やかなお話でした。

おすすめ。

凄くシリアスにしようと思えば出来る内容なのに、古谷実さんの書くマンガは、本当に滑稽で、その中に少しほろっとくるものがあって、笑わされますが、ふと考え込まされる強さも持っています。他の作品もおすすめです!!